アルゴリズムを把握しているので大阪のSEO対策業者は信頼できる

SEO対策

SEO対策をするならHTMLで外観を記述することはやめよう

タイピング

SEO対策を施したウェブサイトを作成したいのであれば、HTMLで外観に関連した記述をすることはやめた方が無難です。なぜならHTMLは基本的に文書の構造を示すための形式であり、外観に関する情報を不必要に盛り込むと検索エンジンからの評価が下がってしまうからです。
ユーザーがアクセスした際の見た目が同じであったとしても、検索エンジンが巡回した際の評価が変わってくるため、SEO対策の効果が低くなるリスクがあります。例えば、以前はtableタグを使って文章の配置を調整するというテクニックは一般的なものでした。
しかし、検索エンジンのアルゴリズムの変化によって、表を作成する以外の目的でtableタグを使用するとコンテンツの質が低いと判断されがちです。そのため、現在はtableタグで見た目を調整する人はほとんどいなくなっています。
また、フォントの種類や文字の大きさのため、h1タグを抜かして見出しにh2タグを使うといった行為もおすすめできません。もし見出しの外観を変えたいのであれば、CSSファイルでフォントの種類や文字の大きさに関する記述をするべきです。CSSファイルの作成について自信がないのであれば、SEO対策業者に依頼してCSSファイルのテンプレートを作ってもらうという手段もあります。